IR情報アイフォン xs ケース グッチ

コーチ アイフォン 8 ケース2

  1. 基本方針
    当社は株主・投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に対して、当社の経営に関わる情報につき、投資判断に影響を与えると認められる情報及び当社の理解促進に役立つ情報については、常に迅速・正確かつ公平に開示することに努めております。
  2. 情報開示の基準
    当社は、会社法、金融商品取引法その他諸法令及び東京証券取引所の「有価証券上場規程」等に従い、迅速・正確に情報開示を行います。また、諸法令や「有価証券上場規程」等で定められた重要事実に該当しない場合におきましても、当社を理解いただく上で重要あるいは有用であると判断した情報につきましては、可能な範囲で積極的に開示いたします。
  3. 情報開示の方法
    東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する情報につきましては、同取引所が提供する「TDnet」で開示を行うとともに、報道機関への情報提供及び当社Webサイトへの掲載を行います。適時開示規則に該当しない情報につきましても、当社Webサイトへの掲載等の方法により広く開示いたします。
  4. インサイダー取引の未然防止
    当社は、重要情報を適切に管理し、インサイダー取引の未然防止を図るための社内規程を定めており、この規程に基づいて情報管理を徹底しております。また、グループの役員・従業員にこの規程を周知徹底することに加え、インサイダー取引規制に関する勉強会の開催等を通じて理解啓蒙に努めております。
  5. 業績予想及び将来の見通しについて
    コーチ アイフォン 8 ケース8
  6. 沈黙期間について
    当社は、決算情報の漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保する観点から、四半期・通期の各決算発表日の1か月前から発表当日までを沈黙期間と定め、当該期間は決算内容や業績見通しに関するコメントや質問への回答を差し控えております。ただし、沈黙期間内におきましても、発生した事象が適時開示に該当する場合には適時開示規則に従って適切に開示いたします。
  7. 社内体制の整備について
    当社はディスクロージャーポリシーを適切に運用し、諸法令や適時開示規則に基づく適時、適切な情報開示を実行する体制を構築し維持いたします。